VISION

VISION

Legacyを賢く使い、次世代につなげる。

オムニサイエンスが取り組む事業領域は、世界115ヶ国・15万社を超える企業が30年以上に渡り利用している「レガシーシステムマーケット」です。

ユーザーの約70%が中小企業で、30%が従業員1,000人以上の大企業であり、従来から卸売・小売・製造・自治体・学校経営などの業界で多く利用され、今日では銀行や金融サービス・保険・医療を含めた幅広い業界で利用されています。

「レガシー」というと、IT市場では「古い」とか「時代遅れ」とネガティブな意味で使われますが、本来は「過去に作られた価値のある資産・財産」という意味があります。

社歴の長い企業には、長年開発を積み重ね自社固有の業務に最適化されたレガシーな仕組みがたくさんあります。とりわけ、お客様が作ってこられた基幹業務システムは、まさにそうした価値のある資産・財産だといえます。

しかし、その資産・財産によるテクノロジーだけでは今の時代にキャッチアップできないのも事実です。それを時代に合わせてスピーディに変化し続ける「DX」の考え方や新しいテクノロジーと組み合わせることで、より価値のあるものに高めようというのが「Legacy with DX」です。

私たちは、お客様が投資を積み重ねてこられた価値あるレガシー既存資産と、これからをけん引する次世代のエンジニアをなめらかに繋ぎ、お客様のDXを推進することを目指しています。