INFO

API-Bridge Solution Editionにintra-mart、Garoon、FAX、box を新たに追加

INFO
2022.10.03

この度、新たに API-Bridge Solution Edition をリリースいたします。現在のi-Reporter、kintone、slack、LINE連携用のエディションに加え、intra-mart、Garoon、FAX、box連携のためのSolution Editionを追加いたします。
 

API-Bridge Solution Editionとは

API-BridgeはIBM i をサーバー化する機能、クライアント化する機能を有しております。上位のEnterprise Edition、Professioal Editionでは、様々な連携先とIBM i がAPI連携できるようになりますが、Solution Editionは特定の連携先に限定してご利用いただくために提供されるエディションとなります。
 

・API-Bridge Solution Edition for intra-mart

intra-martとの連携時に必要な機能を利用できます。intra-martはDb2 for i をサポートしていません。そのため、intra-martからIBM i のデータにアクセスする場合、IBM i のOSバージョンアップに伴い、従来実現していた連携ができなくなることが発生してきました。しかし、REST-APIインターフェースを経由して、IBM i のプログラム・データベースにアクセスすることでintra-martがDb2 for iをサポートしていないことに伴う問題を解消します。さらに、intra-martのアプリケーションからRPGを実行するアプリケーション開発も容易となり、更に様々なアプリケーション開発が可能となります。
 

・API-Bridge Solution Edition for FAX

APIでFAXを送信できるインターネット・サービスをIBM i の5250コマンドで実行できるようになることで、取引先などへのFAX送信業務を効率化します。CSVアップロードによって、送信先を指定する従来の方法では、送信ステータスの確認やそれに伴うリカバリー処理が煩雑でした。しかしAPIで送信指示を行う場合、FAXサービスからの最終的な送信ステータスを確認できるようになり、送信時にエラーが発生した際もリカバリー処理をIBM i 側で実装しやすくなります。
 

・API-Bridge Solution Edition for Garoon

①IBM iで更新処理が発生した際に通知を行う(例. 納品日の確定など)、②Garoon上でIBM i のデータベースに対して参照処理(例. 在庫数の確認など)を行うことができるようになります。具体的な実装法は、cyboze developer networkにサイボウズ社による検証記事として掲載されています。(記事リンク
 

・API-Bridge Solution Edition for box

IBM i のファイルをクラウドストレージのboxにアップロードすることが可能になります。ダウンロードへの対応も今年度中に予定しております。

ご検討のお客様には、各種詳細な連携手法のご紹介、および、実装をカスタマー・サクセス・チームがご支援いたします。お客様ニーズに応じて、今後も新しいソリューション・エディションを順次リリースして参ります。
 

お問合せ先

https://www.omni-s.co.jp/api-bridge/

omnisuite@omni-s.co.jp